パーフェクトラインの求人ってどうなの?お給料は?

パーフェクトラインの求人ってどうなの?お給料は?

2015年オープンながら、順調に店舗数を伸ばし、今や全国に20店舗展開しているのがパーフェクトラインです。

そうした背景もあってか、パーフェクトラインを運営している株式会社神美では、随時パーフェクトラインで働くスタッフを募集しています。

本記事では、パーフェクトラインの求人情報についてまとめています。パーフェクトラインで働くのに興味がある方はもちろん、パーフェクトラインの信憑性を確かめたい方にも参考になる内容なので、ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

パーフェクトラインの募集条件や待遇まとめ

最初に、パーフェクトラインの募集条件や待遇についてご紹介します。

応募資格

パーフェクトラインで働けるのは女性のみとなっています。それさえクリアしていれば、業界未経験者、フリーター、主婦の方、美容やエステに興味がある方も歓迎とのことです。

雇用形態

雇用形態は、正社員、アルバイト、パートの3種類。正社員はスタッフもしくは店長候補となっています。

給与

気になるお給料ですが、東京勤務の正社員の場合は月給28.5万~50.0万円。ただし2ヶ月の試用期間があり、その間は月給23.5万円~となっています(パーフェクトラインいわく、初任給は業界の中では高水準とのこと)。また地方勤務の場合は、多少変更があるとのことです。

一方、アルバイトやパートは、時給1,000円です。実力や経験によってアップする可能性があります。

勤務日数および勤務時間

勤務日数は週5日で、完全週休2日(うちひとつは日曜日)です。勤務時間は、実働8時間(シフト制)となっています。

休暇や福利厚生

パーフェクトラインでは、休暇や福利厚生が充実しています。休暇には夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇などがありますね。

福利厚生は、社会保険完備や交通費支給だけでなく、ボーナス・賞与もあります。

勤務地

勤務地は、全国の各店舗のどこかです。ネットからエントリーするときに、希望の勤務地を選択する形になります。

それ以外について

それ以外の情報については、下記のページで詳しく見ることができます。

パーフェクトラインの募集条件等

パーフェクトラインではどんな人材が求められているの?

パーフェクトラインの応募資格では、女性であれば、さまざまな方を歓迎しています。

と言っても、ある程度決まっているのではないかと思いますよね。

パーフェクトラインによれば、スタッフの方のほとんどは未経験とのこと。

「女性は変われる!」という強い信念を持ち、変わろうとする利用者の方を全力でサポートできる思いがあれば、誰でも大丈夫としています。

その理由には、しっかりとした研修制度があるからというのがあげられるでしょう。

この研修制度を、利用者の方のためにきちんと受けて、プロとして恥ずかしくない実力を身につけるんだ、そういう気持ちさえあれば、パーフェクトラインのスタッフとして十分活躍できるのではないでしょうか。

パーフェクトラインのスタッフとして働くと何がいいの?

パーフェクトラインは、未経験の方でも、熱い気持ちがあればウェルカムとしています。

もちろん、そのためには研修をしっかり受ける必要はありますが、優しい先輩方ばかりなのでその点も心配いらないとか。

ところで、パーフェクトラインのスタッフとして働くとふたつのいいことがあるようです。

ひとつは、経済的な自立が得られること。

先程も伝えたように、パーフェクトラインの給与は業界の中でも高水準。スタッフによっては、同年代の女性よりも高い収入を得ているという話もあります。

もうひとつは、精神的な自立が得られること。

高い収入は、生活を安定させるだけでなく、精神的な安心も生み出します。

また、女性の喜びをつぎつぎに生み出す経験を重ねることで、自分が女性社会に貢献しているという自信も生まれてきます。

経済的な自立や精神的な自立が得られると、プライベートだけでなく、仕事に対してもより前向きな気持になるでしょう。パーフェクトラインでは、そうして仕事で成果を出したスタッフには、積極的にインセンティブを出しているようです。

高い給与⇒自立⇒仕事の成果UP⇒高い給与、こうしたサイクルを作り出してくれるのが、パーフェクトラインで働く何よりの利点だと思います。

プライベートや人生の時間を大切にしたい方、女性の喜びに関わる仕事に就きたい方は、パーフェクトラインに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、応募は以下のページからできます。

パーフェクトラインの募集条件等

ページを開いたら、名前・生年月日・電話番号・メールアドレス・住所・希望の店舗などを入力して、担当者からの連絡を待ちます。連絡が来たら、履歴書や職務経歴書を送り、書類選考が通れば面接という流れです。

TOPページを見る